日 時:平成20年3月15日(土) 16:00~18:00
場 所:長崎ワシントンホテル

今年度は「同門会設立10周年記念特別企画」として下記の内容でセミナーを行いました

【10周年記念講演】
16:00 ~18:00

 テーマ:長崎大学における理学療法学分野の課題と展望
      ~長崎大学理学療法学同門会へのメッセージ~
講 師:長崎大学大学院医歯薬学総合研究科  教授  千住 秀明 先生
司 会:長崎大学大学院医歯薬学総合研究科  教授  沖田 実先生

 平成20年3月15日、長崎ワシントンホテルにて、平成19年度の長崎大学理学療法学同門会卒後セミナーが開催されました。今年は同門会設立10周年記念の特別企画として、卒業生の皆さんにはたいへんなじみ深い、長崎大学大学院医歯薬学総合研究科 教授 千住秀明を先生を講師にお招きし「長崎大学における理学療法学分野の課題と展望~長崎大学理学療法学同門会へのメッセージ~」と題したテーマで、記念講演が行われました。司会は、同じく長崎大学大学院医歯薬学総合研究科  教授 沖田 実先生がつとめられました。

 講師の千住先生から、今後の理学療法学のあり方、展望などについてたいへん興味深いご講演を行っていただき、講演終了後もフロアーからの活発な質疑がなされました。厳しい現実を目の当たりにしつつ、我々が日常の理学療法の中に、「理学療法学」どう考えていくか、という点でたいへん有意義な講演会となりました。

セミナー終了後は同ホテルにて、長崎大学理学療法学同門会の設立10周年記念パーティーが催されました。同門会の片岡会長の挨拶の様子です。千住先生には乾杯のご発声をいただきました!長崎県理学療法士会 会長の塩塚先生はじめご参加賜りました、ご来賓の先生方へ、心より感謝申し上げます。ありがとうございました。

長崎大学理学療法学同門会も、設立10周年という節目の年を迎えました。これも同門会会員諸氏の皆様のおかげと、心より感謝申し上げます。様々な逆境や厳しい現実の中ではありますが、我々同門会会員が、今、理学療法士として何ができるのか?我々に問われている新しい形を、しっかりと考えながら、行動しながら、会の発展に寄与していきたいと思います。(文責:広報部 原田 直樹)