日 時:平成22年3月6日(土)
場 所:長崎大学医学部保健学科101講義室
テーマ:高齢者に対する運動介入の効果

【特別講演】
 
テーマ:高齢期の虚弱予防 
講 師:東京都健康長寿医療センター  島田裕之 先生
司 会:リエゾン長崎                         川副巧成先生

 
   講演では、最初に、高齢期における虚弱の定義、虚弱と障害との相互関係、また高齢期の歩行機能低下予防について最新の研究成果を基にお話いただきました。虚弱予防に関して、身体機能の面からは、歩行能力の保持が重要であり、私たち理学療法士の専門性を発揮できるという点を再認識させていただき、参加会員の皆さん、たいへん興味深く聴き入っていました。
   講演の後半では、精神的虚弱の予防について、認知機能維持のための食事、運動、知的活動、社会参加の効果を、具体例を交えながらご紹介いただきました。

【特別講演】
  
テーマ:高齢期の虚弱予防 講 師:東京都健康長寿医療センター  島田裕之 先生
 司 会:リエゾン長崎                         川副巧成先生
 


   講演では、最初に、高齢期における虚弱の定義、虚弱と障害との相互関係、また高齢期の歩行機能低下予防について最新の研究成果を基にお話いただきました。虚弱予防に関して、身体機能の面からは、歩行能力の保持が重要であり、私たち理学療法士の専門性を発揮できるという点を再認識させていただき、参加会員の皆さん、たいへん興味深く聴き入っていました。
   講演の後半では、精神的虚弱の予防について、認知機能維持のための食事、運動、知的活動、社会参加の効果を、具体例を交えながらご紹介いただきました。(文責:広報部 下迫 淳平)